糖質オフな食べ物

ベイシェラトンの低糖質ランチ

前回は「ミクニマルノウチ」さんの「低糖質フレンチコース」を記事にしました。

 

低糖質フレンチコース@丸の内今回は「ミクニマルノウチ」の「低糖質フレンチコース」を食べてきたよ!というお話。 なお、コースの糖質量は24g程度と、30gを切っ...

 

今回は横浜にあるベイシェラトンホテルの「低糖質エレガンスランチ」の記事です。

 

 

場所とコース概要

 

公式サイト(横浜ベイシェラトンホテル・フレンチ「ベイ・ビュー」)

 

気になる糖質量は32g

ミクニマルノウチさん(約24g)よりは多いですが、30台前半、という所に意欲を感じます。

 

注意点は「ランチ」のみ、という事。

ディナーには低糖質コースはありませんのでご注意を。

 

ベイシェラトンの低糖質コースは、「ランチ」のみ

 

超有名ホテルなので、ミクニマルノウチさんとは違い、道には迷いません。

車寄せからホテルに入って、すぐ左手にロビーとそのさらに奥にエレベーターがあります。

そのエレベーターで最上階に行けば、「ベイ・ビュー」があります。

 

エレベーターを降りた所。

奥の左手側が「ベイ・ビュー」です。

ランチは午前11時からで、11時前に付きましたが、マダム的な雰囲気の皆様がたくさんいらっしゃっておりました。

 

 

メニュー

 

席に着くとメニューが置いてあります。

メニューにはそれぞれの糖質量も記載されています。

糖質量はコース全体で32g

パン2個の糖質量8gと、デザートの糖質量9.4gが、糖質量に響いている感じです。

 

記念撮影、パシャっ!

 

1品目「サーモンマリネ」

 

1品目から、キッチリ美しい

さすが有名ホテル・・・。

 

もちろん、お味もバッチリ。

サーモンの上にのってる色々も、サーモンを邪魔する事なく、むしろ調和して味を高めている感じ。

これは次も期待できるっ!!

 

 

2品目「魚介のパナシェ」

「パナシェ(panaché)」とは、盛り合わせの事。

エビは「天使のエビ」

「天国に一番近い島」としてしられる「ニューカレドニア」で養殖されているエビ。

正式名称は「パラダイス・プロン」。

汚染のない海で育てられ、抗生物質や着色料などの添加物無しで育てられるのが特徴。

美味しい。大好き。

 

あ、貝も勿論、美味しゅうございました。

 

 

 

3品目「鶏モモ肉のフリカッセとムネ肉の茸とハーブのクルートと共に」

 

そう、これ上の写真でいうと、左手前が鶏モモ肉で、右上奥の方にムネ肉があります。

さりげなく2種類の鶏肉を使っているという洒落たメイン料理。

食間も味わいも違うので面白い。

そして、キッチリ美味しい。

 

モモ肉もキレイに熱が通ってるので低温調理だね、と言いながらいただきました。

とにかくとてもキレイなのがベイシェラトンさんのこのコースの特徴。

やはり女性をターゲットにしているっぽい感じ。

目でも楽しめる構成になっていました。

 

 

 

低糖質パン

2品目くらいにパンが出てきます。

糖質が多めなのがやや残念ですが、その分、ブランで作っているのにパサつきがなく、ふんわり・しっとりしておりました。

バターと合わせて食べるとバッチリです。

 

なお、今回はワインは白ばっかり飲みました・・・写真無しです(笑)

 

 

 

デザート「ゴマのブランマンジェ、バニアライスクリームを添えて」

 

これまた可愛らしいデザート。

唯一の問題は食べる時に間違いなく上にのっているアイスが転落する事か(違)

土台が「ぷるんぷるん」ですからね・・・。

転落してもシレーっと食べて下さい(笑)

 

「ブランマンジェ」の語は、古フランス語で「白い食べ物」という意味の「blanc manger」に由来。

ババロアやパンナコッタに似ていますが、材料や作り方がちょっと違うもの、という感じ。

アーモンドミルクに牛乳で香りづけしたりして作るのが元々の作り方。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラン・マンジェ

 

 

 

まとめ

 

ベイシェラトンさんの低糖質ランチも、流石の内容でした。

見た目が凄いキレイ。

あとベイシェラトンの最上階なので、見晴らしがとても良いです。

予約の際は、ぜひ窓側で予約してみて下さい。

横浜が好きな方で、糖質オフっている方は、行く価値アリです。

 

ベイシェラトンさんの低糖質ランチも行く価値アリ。

 

この日は曇り時々雨、でしたがそれでも結構良い眺めでした。

かなり昔、1度だけディナーで行きましたが、夜景もキレイでした。

ただ、今の所、ディナーは「低糖質コース」はありませんのでご注意。

 

量は女性だと丁度良い感じです。

たしかに、「ランチ」だけあって周りはマダム的雰囲気の方が多かったので、この分量が丁度良さそうです。

我ら男共は帰ったらプロテイン摂取でOK。

 

以上、ベイシェラトンの低糖質ランチ、でした。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。