IT・ガジェット

iPhoneの落下保護

今回は、iPhoneの落下保護について。

落下保護といえばケース。

iPhoneは特に各種のケースが揃っています。

 

 

 

元々はケース無しで使っていた

 

ジョブズも「ケースなんてやめとけ」と言っていたように、私もケース無し派でした。

 

しかし、ケース無しの裸のままでは、落下時に地面が硬いアスファルトやコンクリートだと割れます

 

実際に私もケース無しiPhoneを駐車場で落とし、画面がバッキバキに割れました

完全にバッキバキに割れました・・・。

 

最新のiPhone 11系の「固くなったガラス」ですら、初日にバッキバキ事件が起きております。

 

やっぱり、割れます・・・

 

ケース無しでiPhoneを落とすと、硬い地面では割れる

 

修理(というか交換)するまで使えませんし、AppleCare(アップルケア)が効いている状態でも結構な金額もかかってしまいます。

以来、最小限のケースをつけるようになりました。

 

 

 

 

手帳型ケース

 

しっかりしていて、それでいてオシャレな落下保護といえば手帳型

 

しかし、ガッツリ系だと元のiPhoneが隠れまくるという弱点があります。

 

 

 

透明薄型ケース

 

透明で薄型のソフトケースがあります。

iPhone7 Plusの時にはコレを使っていました。

やわらかいケースだと脱着が簡単なのが良いですね。

 

(なお、写真は1年で販売が終了して幻となったジェットブラック(ピアノブラック)。)

 

しかし、このタイプは一見、透明に見えても「点々」や「シマシマ模様」があったりするものがほとんどです。

このケースも「点々」がついてます。

裏面がガラスになっているタイプなら、そういった模様はありませんが、ゴツくなってしまいます。

 

 

 

最小限のケース=バンパー

 

ということで、薄型ケースよりもさらに最小限のものは?といえば、それが「バンパー」型

裏面の部分もなく、周りだけのケースです。

 

こんなタイプのものです。これが、バンパー型です。

 

iPhoneXS Max(ゴールド)だとこんな感じです。

 

 

このバンパー型ケースを装着するとこんな感じです。

 

裏側のツルツルしたゴールドのガラスもそのままです。

バンパー部分だけちょっとゴツくなりますが、重量もほぼ変わりません。

限りなく裸族に近い感じになります。

 

エレコムさんがコンスタントにソフトタイプのバンパーケースを出してくれています。

素敵っ!!

 

 

iPhone11 Pro Maxとバンパー型ケース

 

 

iPhone11 Pro Max(ホワイト)でバンパー型ケースと並べると、こんな感じになります。

 

 

 

iPhone11 Pro Max(ホワイト)でケースを装着すると、こんな感じになります。

 

iPhone11 Pro Maxは今までの「裏面ツルツル」ではなく、スリガラスのような加工になっています。

これはコレで、手触りが非常によく、それを隠さないバンパー型ケースは最高です。

 

 

なお、気になる3眼カメラ部分はこんな感じです。

やっぱりこの部分はもうちょっとスッキリしたデザインが良かったですね。

ただ、その性能はやはりすごいです。

 

3つの切り替えもスムーズで、切り替え時の色味なども違いがありません

超広角は手ブレ補正がありませんが、もともと画角が広いのであまり手ブレを感じさせません

「今までのiPhone」プラス「クリップ広角レンズ」よりも、広い範囲が撮れます。

 

 

なお、新色好きの私としては新色を狙おうか迷いましたが、「緑系は無いな・・・」という事で、白にしました。

今回のホワイトはスリガラス加工と合わさって、非常に爽やかな感じです。

 

 

という事で、バンパー型ケース推しでした。

 

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。