1型糖尿病

GAD抗体が消える日、糖質オフ・スプラタスト療法

1型糖尿病かどうか、

SPIDDM(=LADA)かどうか、

これを見分けるのが

GAD抗体

 

 

GAD抗体が陽性なら

1型化のリスク、もしくは

既に1型糖尿病の可能性があります。

 

 

このGAD抗体自体が何をしているかの

詳細は全世界でも、まだ分かっていません。

 

 

しかし、自分の膵臓の酵素に対するこの抗体がある、

という事は、自分の免疫系が自分の膵臓を攻撃してしまっている、

という目安になります。

 

 

このため

 

GAD抗体がある

自分で自分の膵臓を攻撃

膵臓のβ細胞が死んでいく

インスリンが出せなくなる

 

といった流れで考えられています。

 

 

GAD抗体は、

「時間が経つと勝手に消える」

と言われています。

 

これは

膵臓の攻撃相手となる細胞などが全滅したために

相手がいなくなって抗体が消える

という事でした。

 

 

ですので、通常は

インスリンが全く出ない状態

になると、GAD抗体が消えます。

 

 

ですが、逆に

インスリンがまだ出せる状態で

GAD抗体を消せれば

SPIDDM(=LADA)の場合の

進行を止められる可能性があります。

 

 

そんな事ができるのでしょうか?

 

何例かできました。

 

GAD抗体は消せる可能性があります。

 

 

 

 

このためにする事は2つ。

 

・糖質オフ

 

・IPDの内服

 

 

糖質をガンガン摂っていては、

膵臓に負担をかけ続けますし

免疫系もどんどん狂っていきます。

糖質オフは必須です。

 

 

IPD(アイピーディー)は聞き慣れないと思います。

 

これが抗体を下げるのに効く、というのは

新井圭輔先生に教えて頂きました。

新井先生、ありがとうございます!

 

このIPDは、

アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息

に保険適用がある薬です。

 

添付文書

 

インタビューフォーム

 

 

成人の場合、100mgカプセルを1日3回。

 

「適宜増減」可能な薬ですので、1日6カプセルまで増量できます。

 

 

で、これを内服で

GAD抗体が低下したり、陰性化した症例があります。

 

1日3カプセルだと半数、

6カプセルだとかなりの確率で

GAD抗体が下がります。

 

抗インスリン抗体も

糖質オフとIPDで

低下している事例があります。

(まだ陰性化した例はありません)

 

 

以上、GAD抗体が消える日、でした。

ABOUT ME
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 その後、糖質オフやビタミン・ミネラルなどの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで発信。 監修本「糖質オフ大全科 (主婦の友社)」が中国でミリオンセラーに。 著書は「糖尿病の真実~なぜ患者は増え続けるのか~ (光文社新書)」「1年で14キロ痩せた医師が教える 医学的に内臓脂肪を落とす方法(エクスナレッジ)」「薬に頼らず血糖値を下げる方法(アチーブメント出版)」、など。