その他の健康

太ったのは病気?

今回は、「病気で太る」という事について。

 

助手くん
助手くん
ハカセ、病気で太る事もあるってホント?
ハカセ  
ハカセ  
ホントなんじゃ・・・。割合としては少ないんじゃが、ホルモンや遺伝、腫瘍や薬などで太ることがあるんじゃよ。

 

 

 

「病気で太る」とは?

 

単純に「食べ過ぎて太った」場合は、「原発性肥満」=「単純性肥満」と呼びます。

 

それ以外の肥満は「二次性肥満」=「症候性肥満」と呼びます。

 

肥満の90%以上が「単純性肥満」と言われています。

 

つまり、肥満はほとんどの場合、病気ではなく「単なる食べ過ぎ」という事ですね。

 

ほとんどの肥満は「単なる食べ過ぎ」

 

病気のために肥満になっているのは1割以下、という事です。

 

とはいえ、病気の割合として10%程度というのは、少ないとも言えない割合です。

 

その肥満を引き起こす病気で、代表的なのは「ホルモン関係」の病気です。

 

 

肥満と関係する代表的なホルモン関係の病気

 

 

ホルモン関係の病気は無数にあるので、代表的な4つをご紹介します。

 

副腎皮質ホルモンのひとつ、「コルチゾール」が出過ぎてしまうという
Cushing症候群(クッシング症候群)

甲状腺ホルモンが少なすぎる
甲状腺機能低下症

女性ホルモン関係が乱れてしまう
多嚢胞性卵巣症候群(Polycystic ovary syndrome:PCOS)

インスリンが出過ぎてしまう
インスリノーマ(インスリンを出す膵臓の腫瘍)

この4つが代表的な肥満を起こす病気です。

 

 

 

病気にはなってないけど近い状態でも太る?

 

で、それぞれの病気自体まではいかなくても、それに近い状態のため「太る・やせない」、という事があり得ます。

上の4つの病気、それぞれに近い状態を挙げます。

 

クッシング症候群に近い状態
ストレス状態など

甲状腺機能低下症に近い状態
低T3症候群など

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に近い状態
更年期障害など

インスリノーマに近い状態
その他の高インスリン血症など

 

この「近い状態」で太っている・やせない、という人は、他の「病気」も合わせて、各種の診断基準を満たしていない事も多くあります。

その場合は、「病気」ではないので「原因不明」となってしまいがちです。

 

 

以上、病気でやせない「症候性肥満」、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。