公開サロン記事

「副反応」と「副作用」の違いは?

この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。

当サロンでの表記について〜「副反応」と「副作用」〜

ワクチンを打った後のあれやこれやを「副反応」と呼ばれていますが、このサロンでは私は「副作用」と書いています

なぜでしょうか?

この理由を、ここで一旦、説明しておきます。

 

副反応って?

 

最近は、耳にしない日が無いというほど、聞きまくる「副反応」という言葉。

どんな意味なのでしょうか?

まずは、お役所発の副反応の「定義」から。

 

厚生労働省「そのワクチン情報、どう読み解く? 「有害事象(副反応疑い)」と「副反応」の違い」

「副反応とは有害事象の中で因果関係の証明されたもの」

 

厚生労働省「感染症専門医が解説! 分かってきたワクチンの効果と副反応」

「副反応とは、ワクチン接種に伴う反応を指します。一般的に薬剤の場合は、投与した化学物質によって期待される作用以外の作用を意味する「副作用」という用語を用いますが、ワクチンについては生体の反応を促すものであることから、「副反応」という用語が用いられます。」

 

特に2つ目の説明が「副反応」という意味をよく表しています。元々、身体に反応を起こさせるのがワクチンだから、他にも色々な反応が起きるのが当たり前、という事です。

 

 

用語に含まれる意図

 

さて、上記を読めば分かるように、「副反応」という言葉には、ある「意図」が含まれています。

「打った後に何か起きるのは当たり前だよ」
「普通の副作用とは別のものって考えてよ」
「打った後に何か起きてもワクチンのせいとは限らないよ」

このような意図です。

が、これは単なる「ごまかし」にしか過ぎません。

「過小評価」を印象づける言葉です

 

英語では、「副反応」も「副作用」も、同じ「Side Effect」です

当たり前です。同じ事ですから。

日本は、言葉を新しく作り、ごまかしています。

日本お得意の「言葉によるごまかし」です。

 

こういった「ごまかし」に私は賛同していませんので、サロン内では「副作用」と表記します。

「副反応」と言い換えるのは、「印象操作」です。

ABOUT ME
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 その後、糖質オフやビタミン・ミネラルなどの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで発信。 監修本「糖質オフ大全科 (主婦の友社)」が中国でミリオンセラーに。 著書は「糖尿病の真実~なぜ患者は増え続けるのか~ (光文社新書)」「1年で14キロ痩せた医師が教える 医学的に内臓脂肪を落とす方法(エクスナレッジ)」「薬に頼らず血糖値を下げる方法(アチーブメント出版)」、など。