公開サロン記事

健診・検診は何をすれば?-3(シリーズ完結)

この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。

健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人判断しない事」という事です。

医師でもない方が素人判断すると、大間違いになるかもしれません。

部分的な知識だけで、しかも人間のごく一面だけから健康状態を「分かった」と考えるのは、的外れになりがちです。

くれぐれも、素人判断だけで行動しないようにしましょう

 

素人判断だけで行動しない

 

 

健診・検診シリーズ一覧

 

健診・検診は何をすれば?-1 (S3)

健診・検診は何をすれば?-1この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人...

 

MCVが高い時は?(S3)

MCVが高い時は?この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人...

 

健診・検診は何をすれば?-2 (S3)

健診・検診は何をすれば?-2 この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているの...

 

健診・検診は何をすれば?-3 (シリーズ完結)(S3)

健診・検診は何をすれば?-3(シリーズ完結)この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人...

 

 

健診・検診は何をすれば?-3

 

 

健診項目一覧の再掲

 

まずは、健診・検診で測定する項目の一覧を再掲します。

血算: WBC(白血球数)、RBC(赤血球数)、Hct(ヘマトクリット)、Hb(ヘモグロビン)、Plt(血小板)。炎症・アレルギーなどがあるなら「白血球分画(血液像)」も。

栄養: TP(総タンパク)。出来ればALB(アルブミン)も。

肝臓: GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP(γ-GT)、ALP。

腎臓: BUN(尿素窒素)、Cr(クレアチニン)。

脂質: TG(中性脂肪)、HDL、LDL。(TC:総コレステロールは不要)

代謝: UA(尿酸値)、HbA1c、BS(血糖値)。

TM(腫瘍マーカー): どうしても何か測りたいならCEA、男性は40代以降ならPSA。

便検査: 40歳以降なら、必ず便潜血2回を。

鉄: 女性なら絶対に鉄の検査。血清鉄、TIBC(またはUIBC)。できれば、フェリチンも。炎症があれば更にCRPも。

画像検査: 頭痛が酷いなら一度は頭部MRI。

では、3記事目の今回は、続きの「脂質」の項目からです。

 

 

 

脂質

 

検査項目: TG(中性脂肪)、HDL、LDL。(TC:総コレステロールは不要)

 

脂質は昨今の「経費削減・健診」でも、割と測定される項目です。

が、やはり上の3つ全てではなくどれかだけ、という事も増えてはきています。

TG、HDL、LDLの各項目については、ブログを参照してください。

先生!コレステロールが高っ!今回はコレステロールが高い、という場合について。 まさに「コレステロールあるある」ですね。 中性脂肪についてはコチラ...

3項目を簡単に分けて言えば、こうなります。

TG:エネルギー
HDL:コレステロールの回収係
LDL:コレステロールの配達係

 

 

 

なぜTCは測らなくていいの?

 

まだまだ現場では測定されている事の多いTC。

しかし、LDLが代わりに測られるようになり、TC(総コレステロール)は、過去のものになりました。

以前は、LDLコレステロールを直接測ることが技術的にできませんでした。

このため、TGとHDLとTCから計算で、LDLを算出していました。

しかし、検査技術の発達とともに、LDLを直接測れるようになり、不要な項目になりました

TCをまだまだ測りたがる医師も多いですが、これには2つ理由があります。

・TCで基準値を見るのに慣れているから
・LDLの検査データはバラつきが多いから

 

とはいえ、TCから計算でLDLを算出する時、TGが高値などの場合だと算出したLDLの数値がアテにならなくなります

このため、やはりTCではなく、LDLを直接測った方が有効でしょう

さらに、TCが基準値以上で引っかかっていても、病的意義が無い場合も多くあります。

例えば、TGが食後で高いだけだったり、HDLが高いだけ、といった場合です。

これらの場合、病的な状態では無いのに、TCを測ったがゆえに「異常あり」とされてしまいます。

このため、むしろTCを測ってあると邪魔ですらある、という感じです。

 

 

 

代謝

 

検査項目: UA(尿酸値)、HbA1c、BS(血糖値)

 

この辺りは健診では、割と定番です。

しかし、昨今の「経費削減」で、あっさり省略されている事もあります。

UA(尿酸値)は、高い場合、糖質オフとビタミンC 4,000mg/日の摂取をすれば、数ヶ月で低下します。

HbA1cとBS(血糖値)は、糖質オフで下がります。

 

 

 

TM(腫瘍マーカー)

 

検査項目: どうしても何か測りたいならCEA、男性は40代以降ならPSA。腫瘍マーカーは「早期発見」には全く向かないので、測っても「末期発見」しかできません

 

一般の方の「誤解あるある」で、「腫瘍マーカーが正常なら、がんは無い」というものがあります。

が、これは間違いです。

殆どの腫瘍マーカーは、早期がんが全く分かりません。

早期のがんがあっても、全く腫瘍マーカーが高くなりません。

唯一、割と早期でも分かるのがPSAです。

PSAが正常なら、ほぼ前立腺癌はありません。

でも、気になるから何か検査したい、という場合にはCEAを測るといいでしょう。

最近では、腺癌というタイプの癌が増加傾向です。

CEAは、その腺癌で高くなる腫瘍マーカーです。

ただし、癌以外にも喫煙などでも上昇します。

CEA・CA19−9・AFPという3つをセットで、健診のオプションになっている場合もあります。

CA19−9は膵臓癌(これも腺癌の1つ)などで上がる腫瘍マーカーです。

AFPは、大腸癌などで上がる腫瘍マーカーです。

 

 

 

便検査

 

検査項目: 40歳以降なら、必ず便潜血2回を

 

現代の日本人のほとんどが、毎日糖質まみれ、です。

そうなると増えるのが、大腸ポリープや大腸癌です。

40歳を過ぎると、大腸癌のリスクが高まります

その大腸癌を発見するための最初の検査が便潜血検査です。

また、大腸ポリープは、放っておくと割とすぐに癌化します

このため早く見つけて内視鏡でとっておくのが肝心です。

なお、便潜血検査は1回だと、癌を見逃す可能性が高い検査です

キッチリ2回、しておきましょう

 

便潜血検査は、キッチリ2回しておく!

 

 

また、1回陽性でも、次の年に陰性だったから大丈夫、と思う方もいます。

「健診あるある」です。

しかし、便潜血検査は見逃しが多い検査なので、翌年が陰性でもポリープや癌が無いという証明にはなりません。

1回陽性の翌年に陰性だったから大丈夫、ではありません

 

1回陽性の翌年に陰性だったから大丈夫、ではない!

 

1回でも便潜血検査が陽性だったら、大腸カメラをしましょう。

癌や癌になりかけのポリープが見つかる事は非常に多くあります。

1cm以内程度の小さいうちなら、大腸カメラでとる事が出来ます。

大きく育つと、大腸カメラでは取れず、手術で大腸ごと切除しなければならなくなります。

また、ポリープでも、大きく育つにつれて癌化していきます。

早めにとってしまいましょう。

 

 

 

鉄関連

 

鉄: 女性なら絶対に鉄の検査。血清鉄、TIBC(またはUIBC)。できれば、フェリチンも。炎症があれば更にCRPも

 

血清鉄、TIBC(またはUIBC)は、健診のオプションとして、医療機関で割と気軽に測ってくれます。

しかし、なかなか測ってもらえないのが「フェリチン」です。

健診のオプションで追加で測ってもらおうとしても「ウチではやってません」と断られる事も、多くあります

その場合は、自宅で同日に簡易検査するのも手です。

「同日に」するのがポイントです

 

自宅でフェリチン検査

 

また、フェリチンは、炎症や肝障害があると鉄が不足していても数値が高くなります。

このため、肝臓の数値や、炎症があれば更にCRPも測らないと正確な数値が分かりません。

 

 

 

画像検査

 

画像検査: 頭痛が酷いなら一度は頭部MRI

 

ひどい片頭痛の原因は、多くは鉄不足です。

とはいえ、他に脳の病気が無いとは限りません。

このため、頭痛がひどい場合には、脳のMRIを1度は撮っておくと安心です。

なお、CTの場合は、脳を撮っても、あまり血管や腫瘍がうつりません。

このためCTを脳を撮って病気を見つけようとするなら、造影剤を使ってCTを撮る必要があります。

が、造影剤を使ったCTを撮ると被爆量が増えます。

そこまでするなら、元々情報量の多いMRIを撮った方が被爆もなくて済み、造影CTよりも多くの情報を得られます

 

なお、胸部症状が何も無い場合、心電図、胸部X線は、殆ど意味無し、です・・・。

とはいえ、心電図も胸部X線も、大体が必須です。

まぁ、やっても損はないので受けておきましょう。

胸部X線検査では被爆しますが、1日分の太陽光の線量と同じ程度です。

心配ならビタミンCを多めにとっておきましょう

 

また、CTは健診で撮るものではありません。

CTは、何かの症状があって病気を発見したい場合に撮ります。

というのも、そこそこ被爆するためです。

CTでの被爆は、線量的には1年間の日光で被爆する量と同じ程度です。

胸部X線は、太陽光1日の被爆量ですので、300倍以上の被爆となります。

 

 

 

やった事ないなら1回だけ

 

1回はやるといい検査が「ABC検診」というものです。

自治体によっては「胃がんハイリスク検診」などとも呼称しています。

これは、ピロリ菌の抗体と、胃が荒れているかどうか、を血液で調べる検査です。

他の採血検査のためにとった血液で、ついでに検査できますので、気軽に追加できます。

また、自治体によっては補助金が出てて、半額以下で出来る所もあります。

なお、23区内でも区によって補助金の有無が違います。

 

 

 

不要なもの

 

悪性腫瘍リスクマーカー(アミノインデックス)
認知症リスクマーカー(高感度CRPなどを調べるもの)

上記のように不要な検査・健診オプションもあります。

どちらも保険が効かず、お高い検査です。

また、結果も参考程度にしかなりません。

結局、対策は高タンパク糖質オフ、ビタミン、ミネラル。費用を、サプリや食費にしたほうが効果的です。

とはいえ、採血するだけの検査ですので、金銭的に高い以外のデメリットもありません。

お金が有り余っているなら、参考程度に受けてみるのはアリでしょう

 

 

 

オプションで付けられない?

 

「会社の健診」だと、会社と病院で一括して契約されているため、オプションを付けられない事も多くあります。

その場合は「会社のお金でやる検査だから・・・」と思っておきましょう。

自分で健診や人間ドックを受ける場合は、割とお願いすれば検査項目を変更できます。

 

 

 

とにかくどんな病気も見逃したくない!

 

「とにかくどんな病気も見逃したくない!」という方もいる事でしょう。

しかし、これは現代では「不可能」です

例えば、がんで最も小さい病巣もチェックできるのは、PET検査とCT検査を同時に行う「PET CT」です。

しかし、この検査でも「100%、全部発見!」とはいきません。

お高いリスクマーカーの検査も、あくまで「リスク」の数値が出るだけで、実際になるかどうか?は分かりません。

「発見」に限界があるなら、「予防」に注力するのが現状でのベストです

高タンパク・糖質オフ、ビタミン、ミネラルなどで病気を寄せ付けない身体をキープしましょう

 

以上、健診・検診シリーズの3記事目、でした。

これで、このシリーズは終わりになります。

 

 

健診・検診シリーズ一覧

 

健診・検診は何をすれば?-1 (S3)

健診・検診は何をすれば?-1この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人...

 

MCVが高い時は?(S3)

MCVが高い時は?この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人...

 

健診・検診は何をすれば?-2 (S3)

健診・検診は何をすれば?-2 この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているの...

 

健診・検診は何をすれば?-3 (シリーズ完結)(S3)

健診・検診は何をすれば?-3(シリーズ完結)この記事は、有料オンラインサロン過去記事(シーズン1~3)の公開版です。 健診について書いていますが、繰り返し書いているのは「素人...
ABOUT ME
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 その後、糖質オフやビタミン・ミネラルなどの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで発信。 監修本「糖質オフ大全科 (主婦の友社)」が中国でミリオンセラーに。 著書は「糖尿病の真実~なぜ患者は増え続けるのか~ (光文社新書)」「1年で14キロ痩せた医師が教える 医学的に内臓脂肪を落とす方法(エクスナレッジ)」「薬に頼らず血糖値を下げる方法(アチーブメント出版)」、など。