糖質オフライフ

てんかんに対するケトン食

今回はてんかんに対するケトン食について。

 

 

 

ケトン食が保険適応になった!

 

「てんかんに対するケトン食」2016年の春から「難治性てんかん」に対する「特別食」として保険適応になりました。

そこでケトン食のおさらいです。

 

ケトン食は「難治性てんかん」への効果が認められています。

 

日本小児神経学会の説明より。

child-neuro-jp.org
外部サイト
 
http://child-neuro-jp.org/visitor/qa2/a36.html
http://child-neuro-jp.org/visitor/qa2/a36.html

 

以下、引用です。

 

ケトン食療法は糖・炭水化物を減らし脂肪を増やした食事で、脂肪が分解されてケトン体が体内で作られ効果を発揮します。

お米、パン、パスタなどはできるだけ食べないようにして、砂糖の代わりに人工甘味料を使用し、卵、豆腐、肉、魚主体の食事に食用油を添加し、食事中の脂肪:(糖+炭水化物+タンパク質)の比率(ケトン指数)を 3~4:1にします。

医師を通じて入手できる特殊ミルク(ケトンフォーミュラ)はいろいろな料理にも利用できます。

効果を高めるためにカロリーや水分を7~8割に制限する場合があります。

 

血中ケトン体をいかに高値にキープするか、という食事です。

 

実際に難治性てんかんに対してケトン食を実施している方では、ケトン体が高値の時はてんかん発作がほとんど出ない、という実例を聞きました。

しかし、糖質を摂ったりしてケトン体が減ってしまうと、てんかん発作が起きやすくなるようです。

 

 

 

取り扱いのある医療機関

 

では、どんな食事で、どの病院で扱っているのか。

 

ケトン食普及会

 

具体的にはここに詳しく載っています。

最後に、2017年4月からの変更についての厚労省の発表。

 

厚労省の発表

 

(11) てんかん食とは、難治性てんかん(外傷性のものを含む。)の患者に対し、グルコースに代わりケトン体を熱量源として供給することを目的に炭水化物量の制限及び脂質量の増加が厳格に行われた治療食をいう。ただし、グルコーストランスポーター1欠損症又はミトコンドリア脳筋症の患者に対し、治療食として当該食事を提供した場合は、「てんかん食」として取り扱って差し支えない。

 

 

ケトン体全般については宗田先生の名著をどうぞ。

 

また癌に対するケトン食の応用は、一般社団法人「ビタミン・ケトン療法会」のサイトをどうぞ。

mysite-1
外部サイト
一般社団法人 ビタミン・ケトン療法会
https://www.vkt.or.jp

 

 

以上、ケトン食について、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。