糖質オフライフ

大人で成長ホルモン分泌不全?

今回は大人で成長ホルモンが出なくなったら?という事について。

 

助手くん
助手くん
ハカセ、成長ホルモンって子供だけに出てるホルモンじゃないの?大人になったら成長しないし・・・
ハカセ  
ハカセ  
そうでもないんじゃ。大人になっても成長ホルモンは出てるんじゃよ。

 

 

成長ホルモンって?

 

成長ホルモンは、脳の下垂体というちっちゃな所から分泌されるホルモンです。

 

上図の赤丸部分です。
ちっちゃい・・・っ!!

さて、子供で成長ホルモンが出にくかったらどうなるでしょうか?

そう、成長に支障を来します
これは名前の通りで、分かりやすいですね。

小児の場合は、幸いにもホルモン注射がありますのでホルモンを補うという治療ができます。

 

 

大人で成長ホルモンが出にくくなったら?

 

では、大人で成長ホルモンが出にくくなったらどうなるでしょうか?

成長し終わってるから関係ない?!

 

いやいや、これが実は結構色々な症状が出ます

内臓脂肪が増える
骨量が減る
筋力が低下する

ダルくなる
スタミナが低下する
集中力がなくなる
気力がなくなる
気分が落ち込む(抑うつ)

性欲が減退する
皮膚が乾燥したり薄くなる
体毛が柔らかくなる

などなど、かなり広い範囲の影響が出ます。

 

逆に言えば、大人でも成長ホルモンは色々な役割を果たしています

骨を作る、筋肉の成長、代謝の促進、カルシウムの調節、体脂肪を使う、などです。

 

 

 

治療は?

 

治療は、成長ホルモン分泌不全の原因が分かった場合はその治療をします。

脳腫瘍などですね。

成人でも重症の場合はホルモン補充療法が行われます。

成長ホルモン以外のホルモンも不足している場合があるため、それらも合わせて適切な治療が必要です。

 

以上、大人の成長ホルモン分泌不全について、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。