糖質オフライフ

低T3症候群にならずに痩せる?

今回は、低T3症候群にならずに痩せるには?という話題。

低T3症候群についてはコチラを。

冷えるのはナゼ?今回は、 体が冷えるのはナゼ?について。 糖質オフで通常は冷えが改善する 糖質まみれの食事から糖質オフすると 通...

 

 

 

低T3症候群の対策は、エネルギー摂取

 

「エネルギー不足」によって「低T3症候群」が起こる事は、上記の記事で既にご存知かと思います。

低T3症候群になるとダルくなったりするなどの症状が出る場合があります。

対策は「エネルギー摂取」、という所までが上の記事の内容です。

そして人間のエネルギー源は、タンパク質、脂質、糖質の3種類

では、順番に見ていきましょう。

 

 

 

低T3症候群に対して、糖質を摂ると?

 

糖質を摂るとどうなるか?

確かに、低T3症候群は改善するでしょう

しかし、糖質とインスリンによって健康を損ないます

なので、低T3症候群の方も糖質を摂取して低T3症候群を治そうとはしない方が良いでしょう。

 

「果糖はヘルシー」派の方も多くいますが、実際には果糖もヤバい、というのは前記事で書いた通りです。

冷えるのはナゼ?今回は、 体が冷えるのはナゼ?について。 糖質オフで通常は冷えが改善する 糖質まみれの食事から糖質オフすると 通...

 

 

低T3症候群に対して、タンパク質を摂ると?

 

次に蛋白質。

冷えるのはナゼ?今回は、 体が冷えるのはナゼ?について。 糖質オフで通常は冷えが改善する 糖質まみれの食事から糖質オフすると 通...

前記事で書いたように、「タンパク質の摂取」が答えの1つです。

 

日本人のほとんどはタンパク質不足です。

そして、タンパク質不足はタンパク質を補充しない限りは、未来永劫治りません。

 

そして「肥満も栄養失調」です。

肥満の人も、糖質過剰の裏で、タンパク質不足になている人がほとんどです。

 

タンパク質を摂取しつつ、糖質はオフりまくる、というのが1つの答えです。

 

タンパク質の必要量は「プロテインスコア」で計算して下さい。

プロテインスコア高タンパク、糖質オフ の食事が基本的には、健康に良い。 という事で、 その高タンパクって、どの位の量なの?...

 

 

低T3症候群に対して、脂質を摂ると?

 

最後に脂質。

そして、脂質摂取も答えの1つです。

タンパク質の不足が無い〜軽い、という場合には、脂質の摂取が答えとなります。

 

タンパク質は糖質よりは少ないとはいえ、摂取するとインスリンが分泌されます

つまり、タンパク質摂取後の2時間程度は痩せづらい状態となります。

 

しかし、バターなどの純粋な脂質の場合には、インスリンはほぼ分泌されません。

糖質はオフりまくって、タンパク質の摂取と時間をあけて純粋な脂質を摂りまくる

これがもう1つの答えです。

 

 

 

で、どっちがいいの?

 

 

タンパク質重視か、脂質重視か、は、体質やタンパク質不足の程度などによって判断すると良いでしょう。

人それぞれに合った答えが見つかる事でしょう。

 

以上、低T3症候群の話題でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。