糖質オフライフ

体がコゲる?

今回は、体がコゲる、というお話。

 

助手くん
助手くん
え?ハカセ、体ってコゲるんですか?
ハカセ  
ハカセ  
そうじゃよ、今も助手くんの体の中にコゲはあるんじゃ。

 

体がコゲるってどういう事?!

 

体がコゲる、聞いたことがあるでしょうか?

こう聞くと、「聞いたことナイナイ!」と答える方が多いかと思います。

実は、「体がコゲる」と同じ反応は皆さんが見たことがあるんです。

 

それは、コレです。

ばーん。

そう、トーストを焼いた時の反応です。

このトーストがコゲる反応を「糖化」または「メイラード反応」と言います。

 

糖化は「生化学」で使われ、メイラード反応は「食品工業」でよく使われます。
どちらも同じ意味です。

え?
体の中でトースト焼いている訳じゃないでしょ、って?
そうですね、焼いてはいません。

焼いてないのに体はコゲます。
これがポイントです。

 

 

 

なぜ、体はコゲるのか?

 

これは糖質が原因です。

糖質には色々ありますが、その分子のはじっこに「アルデヒド基」という部分があります。

アルデヒド基?!
難しそう?
大丈夫、簡単です。

 

上図の右側の色の濃い部分がアルデヒド基です。
炭素・酸素・水素という3つから出来ている超シンプルな構造です。

 

この部分はとっても反応性が高くて、周りのものとやたらとくっつく性質があります。

ちょっとくっつくだけならすぐ分離するので何ともありません。

しかし、ガッツリとくっつくと離れなくなり、くっついた先の物質の構造を変えてしまいます

 

これがコゲ=糖化です。

茶色くなるので「褐色反応(browning reaction)」とも言われます。

 

さて、このコゲ=糖化は、どのくらい体内で起こっているのでしょうか?

 

 

体のコゲって測れるの?

 

現在でも、全ての糖化を測る事はできません

この糖化反応はとても色々な反応を起こし、全容が解明されきっていない程です。

というのも、やたらめったら周りのものと反応するからです。

 

ならいくつかは測れるのか?

そう、測れます

むしろ、測りまくっています。

医療機関では毎日毎日測られています。

それは、HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)です。

これこそが、まさに血液の酸素を運ぶ「ヘモグロビン」が糖化したものです。

 

HbA1cは、Hb(ヘモグロビン)がコゲたもの

 

ずばりHbA1cの別名は「糖化ヘモグロビン」です。

糖尿病の方なら毎月のように測っていると思いますし、健康診断でもよく測定されます。

つまり糖尿病では「血糖値が高い」=「糖質がいっぱい」のため、体がコゲまくっているのでそれを測定している、という事です。

 

糖尿病の人は、健康な人より身体がコゲている

 

「HbA1cを測りましょう」イコール「あなたのコゲっぷりを調べましょう」という事です。

よく言われる「今月のHbA1cが高いですね」は、つまり「今月はアナタ、コゲてますね」という事です。

 

この体のコゲつきが、
・骨の変形(高齢者で関節が変形したり、背中が丸くなる)
・免疫異常(リウマチなどの膠原病)
・糖尿病の神経障害(手足の感覚が鈍くなる)

などなど、全身に影響します。

 

変形性膝関節症で、指がボコボコしてたり(ヘバーデン結節)、腰や膝が曲がったりしているお年寄りは、まさにコゲまくった結果そうなっています。

食事も、コゲの原因となる「糖質」が多く、そのコゲを治すための「タンパク質」は1日10gしかない、といった高齢者が非常に多くいらっしゃいます。

なるべくして、そうなっています。

 

 

コゲないようにするには、どうしたら良いか?

 

話としては簡単です。

糖質を摂らなければ良いんです。

 

体がコゲる、意外と身近ですね。

 

以上、体がコゲる、という話でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。