ケトン体

中鎖・長鎖脂肪酸とケトン体

今回は中鎖・長鎖脂肪酸とケトン体について。

脂質の種類とケトン体の変化について書きます。

 

 

中鎖脂肪酸

 

ココナッツオイル、MCTオイルという脂質があります。

 

ココナッツオイルは、名前の通りココナッツから作られるオイル。

ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸を含みます。

 

MCTオイルは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)オイルというものです。

ココナッツオイルから中鎖脂肪酸だけを集めて作られます。

MCTは100%中鎖脂肪酸という事です。

この中鎖脂肪酸の特色は「代謝が速い」という事です。

 

通常の油脂、長鎖脂肪酸は摂取して5〜6時間後にエネルギーになってきます。

一方、中鎖脂肪酸は摂取して3〜4時間でエネルギーのピークとなります。
その分、分解も速く、10時間以内にほとんどが分解されます。

よくこの論文が引用されます。
Furman. R.H. Medium Chain Triglycerides, University Pa press(1968)

 

中鎖脂肪酸に関しては日清オイリオのサイトが分かりやすくまとまっています。

日清オイリオ「中鎖脂肪酸サロン」

 

 

長鎖脂肪酸

 

普通の油脂には、長鎖脂肪酸が含まれます。

こちらは上記のように、中鎖脂肪酸に比べてゆっくりとエネルギーとなります。

その分、長時間エネルギーとなりますので、エネルギーを持続させたい時には長鎖脂肪酸がお勧めです。

特に動物性脂質の「バター」や「ラード」などが身につきやすくお勧めです。

 

以上、サラッとケトン体と脂質について、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。