糖質オフな食べ物

蛋白脂質食の説明書!

蛋白脂質食(タンパク脂質食、PF食、PFD)というものがあります。

 

その説明書が今回の記事。

 

今回の改訂(2019年10月29日)で、また大幅に内容が変わっています。

必要なタンパク質量について明記しており、また糖質オフ系の「代替物」について欲しくなる内はタンパク質や鉄などの「栄養失調」である、と記載しています。

 

早速、説明書のファイル

 

PDF形式と、
元ファイルのPages形式(MacのWordみたいなもの)の
2つを貼っておきます。

蛋白脂質のA4説明書-PDF形式-2019-1029

蛋白脂質食のA4説明書-Pages形式-2019-1029

 

編集、再配布はどんどんして下さい

そのまま印刷して配るのもOKです。

医療機関やマッサージ関連、会社等、どこで配布して頂いてもかまいません。

 

特に、クレジット表記なども必要ありませんし、事前や事後の連絡も必要ではありません。

(差し支えなければ、表記していただければ水野も喜びます)

 

ガンガン、お配りください。

 

編集の際はPages形式の方をお使いください。

Windowsの方は

Wordでそのまま開くか、

AppeのiCloudからブラウザで開けます。

(iCoudは登録無料です)

 

 

蛋白脂質食のコンセプト

 

「蛋白脂質食」は私が2014年11月より提唱し始めた食事です。

 

 

一言で言えば

「アレコレいいとこ取り、しかもどんどん変わる」

というものです。

 

節操なしですね(笑)

 

 

その時々で「良さそう」というものを

取り入れています。

 

 

で、この蛋白脂質食の簡単な説明書が

A4サイズの裏表

でペラっとあり、それが上のリンク先にあるファイルです。

 

外来診察時にはコレを配ったりしています。

 

最近の蛋白脂質食の変化

 

最近の変化としては、蛋白質を超重視するようになりました。

非常に大切です、蛋白質。

 

蛋白質不足では他の何をしても良くなりません。

 

という事でペラっとした内容なので意外とアチコチで配布されてる模様。

 

どんどん配っちゃってください(笑)

 

 

以上、蛋白脂質食の説明書、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。