ビタミン・ミネラル

高タンパク・メガビタミンでも風邪を引く?!

実は、私は、高タンパクにしようが、ビタミンCやNACを大量に摂ろうが、熱を出したり風邪を引いたりしていました。毎冬、1回は風邪でダウンしていた程です。しかし、最近は全く風邪とは無縁になりました。

免疫に必要なのに、高タンパクやメガビタミンにしても「不足するもの」が、ありました。

そう、高タンパクでも、メガビタミンでも「不足するもの」があるんです。

 

その「不足するもの」とは、「グルタミン」です。

 

そして、私は「グルタミン」を摂るようになって、全く風邪知らずです。

 

 

 

グルタミンって何だっけ・・・?

 

「グルタミン」は、体内のアミノ酸のうち約6割を占めるアミノ酸です

しかし、事ある毎に減ってしまし、しかも不足しがちです。

というのも、「作れない」し、「摂れない」から、です。

作れない:タンパク質を摂取しても、体内ではグルタミンをあまり合成できません。

摂れない:食物ではナマ(非加熱)のものにしか含まれません。

 

 

色々に効く?

 

グルタミンは、急性期の関節痛、倦怠感、運動後の筋肉痛などにも著効します。

例えば、腰痛でもビタミンCとセットで摂ると、かなり早めに改善が見られます。

なんとなくの倦怠感でも、空腹時にグルタミンを摂ると、20〜30分後にはシャッキリします。

風邪っぽい、風邪ひきそう、という時に摂ると、やはり20〜30分後には改善してきます。

 

 

いつ飲んだらいいの?

 

グルタミンは、「空腹時」に摂取するのがオススメです。

食後などに摂ると、吸収されるのが「順番待ち」になり、遅くなります。

空腹時に摂れば、5〜10分後には吸収され始めます。

 

 

飲む量は?

 

量は、1回につき5〜20g。

最初は、1回5gで試しましょう。

多めだと、胃部不快の報告があります。

1日の最大量は40gとか言われますが、もっと多いグラム数も言われており、一定しません。

40gまでなら安全圏と言えます。

 

 

どうやって飲んでるの?

 

私は、朝起きてから、20gを摂っています。

グルタミンの製品はどれでも殆ど変わりありません。

お好きなブランド、メーカーのものをどうぞ。

味的には少し不味いので、冷たい少量の水に入れて、ガッと飲むのがオススメです。

 

以上、グルタミンについて、でした。

ABOUT ME
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 著書は「糖尿病の真実~なぜ患者は増え続けるのか~ (光文社新書)」「1年で14キロ痩せた医師が教える 医学的に内臓脂肪を落とす方法(エクスナレッジ)」「薬に頼らず血糖値を下げる方法(アチーブメント出版)」、など。