ケトン体

ケトン体の簡易測定器って?

今回は、ケトン体を血液で測る機器について。

 

上記の写真のような、自分で使える簡易測定器ですね。

 

「簡易測定器」と書いているのは、「簡易測定器」が3種類あるケトン体のうち7〜8割を占める
「β-ヒドロキシ酪酸(=3-ヒドロキシ酪酸)」
のみしか測定できないためです。

 

ケトン体の簡易測定器は、3種類あるケトン体のうち7〜8割を占める「β-ヒドロキシ酪酸(3-ヒドロキシ酪酸)」のみを測定する測定機器。

 

 

ケトン体簡易測定法の入手先

 

SMBGサポート

医療機器商品名の広告が禁止になったため、上記サイトで商品名等は全削除されています。

問い合わせ希望のある方に詳細について伝えるのは適法なので、問い合わせをして詳細を先方に尋ねると良いでしょう。

 

 

具体的な製品名

 

ケトン体が測れる簡易測定器は2つあります。

 

従来式のものが

フリースタイル・プレシジョン・ネオ

myfreestyle.jp
外部サイト
血糖測定関連製品 | 医療関係者の皆様 | アボット ジャパン
http://myfreestyle.jp/products/freestyle-precision-neo.html
他の一部のウェブサイトにおいて、FreeStyleリブレについて誤解を招きかねない表現が散見されます。 本サイトがアボットの公式サイトであり、FreeStyleリブレの適正使用については、このサイトをご覧ください。

 

血糖値(細胞間液のブドウ糖濃度)を持続的に測定する

フリースタイル・リブレ

myfreestyle.jp
外部サイト
 
FreeStyleリブレ フラッシュグルコースモニタリングシステム
http://myfreestyle.jp/products/freestyle-libre-system.html
FreeStyleリブレでは、患者さん自身が指先穿刺を必要とする較正などの面倒な作業なく十分なグルコースプロファイルを 確認することができ、FreeStyleリブレが持つ血糖測定機能とともに、患者さんの糖尿病管理を補完します。

 

この2つがあります。

 

電極は2機種とも、同じ電極(血糖用電極とケトン体用電極)を使えます。

先端部分の電極(センサーとも呼ばれる)を付け替える事で、血糖値とケトン体を測定できます。

ケトン体用の電極の方がお高く、1回300円程度です。もちろん、1回1回、使い捨てです。

 

 

関連する動画

 

私も2016年7月3日の東京講演会の時に使うため、当時、フリースタイル・プレシジョン・ネオを買いました。

なお、その動画はコチラ。

 

 

ケトン体簡易測定器が測るもの

 

で、簡易測定器は「簡易」だけあって、β-ヒドロキシ酪酸のみを測ります。

 

医療機関ではどうか、というと、血中ケトン体分画というので

総ケトン体

アセト酢酸

β-ヒドロキシ酪酸

を測る事ができます。

 

結果まで2週間かかりますが、正確な値が出ます。

ただし、重度の糖尿病の方で、2〜3ヶ月に1回程度しか、保険が効きません

つまり、大抵の人が医療機関でケトン体分画を測ってもらおうとすると、保険が効かず、自由診療となります。

 

という事で、ケトン体の簡易測定器についてでした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
内科の医師。2003年に医師免許取得(医籍登録)。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。