ケトン体

ケトン体が少ない時

今回はケトン体が少ない時、というお話。

関連記事はコチラ。

血中と尿中のケトン体値のズレ今回は血中と尿中のケトン体値はズレる、というお話。 尿中ケトン体は、「ウロペーパー」というもので測れます。 尿をその...

 

ケトン体の簡易測定器って?今回は、ケトン体を血液で測る機器について。 上記の写真のような、自分で使える簡易測定器ですね。 「簡易測定器...

 

助手くん
助手くん
ハカセ、ケトン体は多いと身体にいいんだよね?
ハカセ  
ハカセ  
その通り!インスリンきっちり働いている間なら、ケトン体が1万近くあっても元気いっぱいじゃ!

 

ケトン体が少ない、その原因は2つ

 

ケトン体が少ないのには原因が2つあります。

(1)血中インスリンが多い

(2)脂質不足

 

以下、説明していきます。

 

 

血中インスリンが多い

 

血中インスリンが多いかどうかは、医療機関でのみ測定できます。

今のところ、インスリンの簡易測定器はまだありません。

血中インスリン濃度は、糖尿病の方は保険適用があり、保険で測れます

とはいえ、糖尿病があったとしても3ヶ月に1回程度しか保険は通りません。

 

糖尿病がない方は自費になります。他の項目と一緒に測るなら、プラス1500円程度。

あまりないと思いますが血中インスリンのみ測るなら、少なくとも3000円程度かかります。(実費が3000円程で、自由診療なので医療機関によって価格は異なります)

 

インスリンが多いには3つのパターンがあります。

・インスリン抵抗性が高い(=インスリンが効きづらい状態。肥満など。

糖質の摂取後

・インスリン分泌異常症(インスリンを出す腫瘍など)

 

 

脂質不足

 

これは主にやせている方です。

こちらの前記事もご参照ください。

痩せてる人の「優先順位」今回は、痩せてる人の「優先順位」というお話。 関連記事はコチラ。 https://mizunodoc.jp/archives...

 

太っている方は皮下脂肪や内臓脂肪があるため、脂質が体に蓄えられており基本的には脂質は不足しません。有り余っています。

 

一方で、痩せている方は蓄えがありませんし、食事でも脂質摂取が圧倒的に足りない場合がほとんどです。

 

さて、ケトン体は脂質から作られます

 

BMI 20以下の方でケトン体が少ない場合は、現在の脂質摂取量の3〜4倍くらい摂るとケトン体が増えるパターンを多く見かけます。

2倍ではないですよ?
3〜4倍です
それだけ脂質が不足しています

あとは他に何かの病気がひそんでいる場合もあるかもしれません。

他に症状などがある場合には、医療機関をご受診ください。

 

以上、ケトン体が少ない、という話でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。