糖質オフな食べ物

ヨーグルトって糖質オフ?

今回はヨーグルトについて。

 

イキナリ結論

 

結論としては、「砂糖などが添加されていないプレーンタイプならとても良い」という事です。

一般的な商品であれば、糖質オフかどうかはパッケージのどこかに書いてある「成分表示」を見れば良い、というのは既に皆さんもご存知かと思います。

ちなみに、この「成分表示」。英語のでも実は簡単に読めます。

糖質を英語で言うと?結論から言えば 「available carbohydrate」 が一番、該当します。 会話だと? 英語...

 

 

 

ヨーグルトは少し特殊

 

で、ヨーグルトは少し特殊です。

ヨーグルトの「糖質」は「乳糖とガラクトース」です。

これらは血糖値が上がりにくい糖質です。

ですので、プレーンタイプのヨーグルトならさほど糖質量を気にせずに食べて良いです。

プラス、発酵食品ですので腸内環境的にも良い効果が期待できそうな感じがしますよね。

詳しくは江部先生がブログに書いてくださっています。

 

「牛乳とヨーグルトの糖質の差は?血糖値の上昇は?」

 

江部先生ご自身(2型糖尿病)の実験の結果ではヨーグルトを200g食べても、血糖値は10mgしか上昇しない、というお答えを書かれています。

 

以上、ヨーグルトについて、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。