鉄関連

採血で貧血指摘!

今回は「採血で貧血を指摘」された時について。

 

他の、鉄や貧血についての記事はコチラ。

https://mizunodoc.jp/archives/category/鉄関連

 

この記事のきっかけは、「採血で貧血指摘→貧血にオススメは?」の回答が、まさに「地獄への道は善意で敷き詰められている」=「善意の不全」そのものだった・・・

見事なまでに、ほとんどが間違いだらけでした・・・。

 

 

 

はじめに注意事項

 

以下の事項は「血液疾患」などの特殊な「貧血」ではなく、一般的な貧血についての記載です。

また注意事項が多数ありますので、よく、しっかり、確実に読み込んで、熟読して下さい

9割以上の方がきちんと読み込まず、誤解します。

(繰り返し)

 

以下の事項は「血液疾患」などの特殊な「貧血」ではなく、一般的な貧血についての記載です。

 

また注意事項が多数ありますので、よく、しっかり、確実に読み込んで、熟読して下さい9割以上の方がきちんと読み込まず、誤解します。

 

 

必ず精密検査を!

 

「採血で指摘されるほどの貧血」には必ず「原因」があります。

「原因」を放置していては、「治る」事はありません。

まず、「便潜血検査」「婦人科受診(エコー検査含む)」などで「貧血の原因」を精密検査してもらう事が必須です。

それらの精密検査で異常がない場合、というのが今回の内容です。

 

 

 

貧血への対策、一覧

 

では、その「特殊な貧血ではない貧血」への対策です。

 

<正解>

「高タンパク(ホエイプロテイン必須)」と「キレート鉄」

 

<惜しい>

レバー、牛肉、豚肉、鶏肉

 

<不足>

鉄入りラブレ、国産鉄サプリ(ヘム鉄)、ソイプロテイン

 

<無効>

高麗人参、ほうれん草、小松菜、カツオ、ミネラル入りの水、ヒジキ、サジー

 

<大間違い>

・「鉄分より血流の悪さ」

・「鉄サプリで鉄過剰がヤバい」

 

<有害>

酸素吸入

 

 

 

「正解」の解説

 

正解:「高タンパク(ホエイプロテイン必須)」と「キレート鉄」

採血で貧血を指摘されるくらいの場合、重度のタンパク質不足と、重度の鉄不足が必発です。

「貧血」は、鉄不足だけでなく、赤血球やヘモグロビンを作る「タンパク質」も不足している状態です。

こうなると、タンパク質不足がひどすぎて、食事から充分なタンパク質を摂る事ができません。

 

 

プロテインはホエイプロテイン

 

そこで胃腸への負担が少なく、消化・吸収が良い「プロテイン」を併用する事が必須となります。

また「タンパク質不足」や「鉄不足」がある人にかぎって、プロテインも「植物性」のものを選んでしまいます。

「植物性」のプロテインは、動物性のプロテインによりも、消化・吸収の効率が低いです。

「植物性」=「ヘルシー」というのは全くの「迷信」です。忘れましょう。

重度のタンパク質不足の場合は、効率の良い「動物性のプロテイン」=「ホエイプロテイン」を摂りましょう。

なお、「ホエイ」は「乳清(にゅうせい)」の事で、ヨーグルトでよく上にたまっている透明な上澄みの部分です。

 

 

高タンパクの必要量は?

 

プロテインスコアで計算します。

「日本食品標準成分表」の「タンパク質」量では、不足します。

プロテインスコアはコチラ。

 

 

 

 

鉄不足で糖質依存

 

また「鉄不足」があると「糖質依存」もほぼ必発です。「糖質依存」も「タンパク質不足」と「鉄不足」が解消されれば、自然と消えます。

詳細はコチラ。

「鉄不足で糖質依存」

鉄不足で糖質依存?今回は鉄不足で糖質依存?について。 鉄不足などについてはコチラを。 https://mizunodoc.jp/archive...

 

キレート鉄

 

また、鉄は「キレート鉄」一択です。世界では「キレート鉄」が標準です。

「国産鉄サプリ」については後記します。

日本は鉄に関して「異常事態」となっています。

 

キレート鉄はたとえばコレなど。

 

1カプセル36mgのがキツイ(受け付けない)場合は、半分量のもあり。

 

「iHerb」でこの鉄サプリが売り切れている場合は、ほかの「iHerb」の鉄サプリでもOK。

某医療機関がすすめる「お高いヘム鉄」を飲む必要は全くありません。

「ヘム鉄」は日本だけのローカルサプリで、「採血で指摘される程の貧血」では全く役不足です。

数年間飲み続けても、全く鉄不足が解消されていなかった症例を何例も実際に診ました。

 

 

 

必ず精密検査!(再掲)

 

冒頭にも書いたように、必ず「精密検査」を受けてください。

中高年の場合、胃腸や婦人科系の「癌」が原因の貧血もよくあります

実際に私の診た患者さんでも、何人も貧血からの精密検査で癌が見つかった事があります。

必ず「精密検査」を受けてください。

 

中高年の場合、胃腸や婦人科系の「癌」が原因の貧血もよくある

 

男性は「便潜血検査」、女性は「便潜血検査」に加えて「婦人科受診」です。子宮や卵巣のエコー検査もしてもらってください。

 

貧血の精密検査は、男性は「便潜血検査」、女性は「便潜血検査」に加えて「婦人科受診」(子宮や卵巣のエコー検査は必須)

 

 

 

 

鉄サプリで貧血が進行!

 

鉄を飲めばそれで大丈夫、という事もありません。

国産鉄サプリの1日量の10倍~30倍に相当する「鉄100mg」を毎日摂っても、貧血が進行する場合があります。

それは鉄補充により血液が増えた事で、「原因となる病気」からの出血が増える事があるためです。

特に、子宮筋腫があったり、過多月経のある女性では、かなりの頻度で「鉄補充してるのに貧血と鉄欠乏が進行」する事があります。

必ず、医療機関で定期的に採血をしてもらってください。

はじめは1ヶ月単位で、落ちつていてきたら3ヶ月単位、といった間隔です。

 

 

重度の過多月経に対するピル

 

鉄300mgを毎日飲んでいても、全く鉄欠乏が改善しない「過多月経」の女性の方も意外と多くいます。

ご本人にきいてみても「そんなに出血しません」という、本人に自覚がない出血をしている場合も多くあります。

この場合も、婦人科受診は必須です。

また、日本では普及が遅れに遅れている「ピル」もこういった場合には、充分メリットがあります。

ただし、日本の産婦人科のドクターは「ピル否定派」がほとんどですので、理解のある医師を探して受診する必要があります。

 

 

「惜しい」の解説

 

「レバー、牛肉、豚肉、鶏肉」などの肉類は「タンパク質不足の解消」に役立ちます。

しかし、既に「採血で指摘される程の貧血」がある場合は、充分量のタンパク質を肉類で摂る事ができません。

胃腸自体も消化液もタンパク質で出来ているため、重度のタンパク質では、肉類を消化・吸収する力がありません。

このため、まずはプロテインを少量頻回から飲む事が必須となります。

 

 

「不足」の解説

 

・鉄入りラブレ:「ラブレ鉄」が含まれています。「タンパク質」ものすごくヒドいと、「キレート鉄」すら摂るのが難しい場合があります(胃がムカムカするなど)。

その場合には、「プロテイン少量頻回」と「ラブレ鉄」から始めるのもアリです。

タンパク質が解消されてくると、「キレート鉄」が摂れるようになります。

タンパク質の解消には、概ね1~3ヶ月はかかります。

 

 

・国産鉄サプリ(ヘム鉄):「採血で指摘されるほどの貧血」の場合、店頭で売られているような「国産鉄サプリ(ヘム鉄)」では、鉄の量が全く不足します。

また国産鉄サプリは「ヘム鉄のmg数」がデカデカと記載されており、ちっちゃく「鉄として3mg」などと記載されています。

そのちっちゃく書かれている「鉄として」の量が重要です。

その他、日本独自の「鉄に関する異常事態」はコチラを。

フェリチンと鉄の異常事態今回は「フェリチン」について。 こちらの関連記事もご参照ください。 https://mizunodoc.jp/archive...

 

ほんっっっとにおかしい事になっています。ご注意ください。

 

・ソイプロテイン:プロテインを飲まないよりは良いですが、やはり低効率のためなかなかタンパク質不足が解消されません。ホエイプロテインを飲みましょう。

 

 

 

「無効」の解説

 

・高麗人参:「何か元気になる」イメージの高麗人参ですが、特にタンパク質も鉄も含まないため、一時的に「何となく効いた気がする」事はあっても、貧血の改善には全く役に立ちません。

 

・ほうれん草、小松菜:植物の鉄(非ヘム鉄)は動物の鉄(ヘム鉄)の5~6分の1しか吸収されません。

つまり、動物の鉄と同じくらい摂ろうとした場合、5~6倍の量を摂る必要があります。

ほうれん草の鉄は、100gあたり4mg程度です。

植物性の鉄を含む「ほうれん草」から、100mgの鉄を摂ろうとすると、250g×5=1250gとなり、1日に1kg以上となり、全く現実的ではありません。

「ホエイプロテイン」と「キレート鉄」を摂りましょう。

 

・カツオ、あさり、牡蠣(かき):こららも他の食物に比べれば鉄が多めです。

また含まれている鉄の形も動物性のもの(ヘム鉄)なので植物の鉄(非ヘム鉄)よりは吸収は良いです。

しかしながら含まれている量自体が、100gあたり、数mgに過ぎません。

カツオの場合、100gあたりの鉄は2mg程度です。

「採血で指摘される程の貧血」では、最低1日に100mgの鉄が必要です。

1日にカツオ500g以上になります。

 

・ミネラル入りの水:必要なのは「タンパク質」と「鉄」です。鉄ではないミネラルをいくら摂ったとしても、貧血の改善には全く役に経ちません。

 

・ヒジキ:以前は「鉄鍋」で調理されていたため、100gあたり数mgの鉄がヒジキに含まれていました。

現在のヒジキはほとんどが「アルミ鍋」で調理されていたため、鉄はほとんど含ません。

黒いからって鉄を含んでいる訳ではありません。

どれたけヒジキを摂っても、鉄不足は解消されません。

 

・サジー:「サジー」というのは、「スーパーフルーツ」などといわれる果物のピューレ的なもの。

英語では「シーバックソーン(Sea buckthorn)」。

グミ科の落葉低木の果実です。

砂漠緑化などにも利用されています。

で、元が果実なのでタンパク質は当然ほぼ含んでいません。

鉄は1回量で2mg程度。

しかも「植物の鉄」なので吸収もイマイチ。「貧血を採血で指摘」される重度の貧血の場合には、全く効きません。

「貧血を採血で指摘」される状態は、そもそも食物からの鉄では間に合わない状態です。

メディアでもてはやされても、実態はこんなものです。

 

 

 

「大間違い」の解説

 

・「鉄分より血流の悪さ」:「鉄分より血流の悪さ」というのは全くの間違いです。

「採血で指摘される貧血」は実際に、血液(血色素)が足りない状態です。

「血液の量(血色素量)」と「血流」は全く別の話です。

減ってる血液(血色素)が増えて、はじめて健康になります。

 

・「鉄サプリで鉄過剰がヤバい」:「因果の逆転」という統計結果の間違った解釈から生まれた誤解です。

詳細はコチラ。

鉄欠乏に関する知見今回は、鉄欠乏に関する知見について。 糖質オフあるある、の「食後に満たされない!」のページでも取り上げた鉄欠乏について、です。 ...

 

 

・「キレート鉄はヤバい」:日本だけの迷信です。世界は「キレート鉄」です。

ほんとに日本は鉄に関しては異常です。

その他、日本独自の「鉄に関する異常事態」はコチラを。

フェリチンと鉄の異常事態今回は「フェリチン」について。 こちらの関連記事もご参照ください。 https://mizunodoc.jp/archive...

 

 

 

 

「有害」の解説

 

「酸素の吸収」をしても、貧血は全く治りません。

その吸ったときのみ、「効いてる感じがする」程度のいわゆる「プラセボ効果(偽薬効果)」しかありません。

さらに、余計な酸素を吸う事によって、身体が酸化(錆びる)ので「有害」です。

一般的な貧血の対策は「原因への対処」と「タンパク質と鉄の充足」です。

 

 

フェリチンの検査

 

なお、フツーの医療機関では、まず初回に「フェリチン」を測ってくれません。

つまり、採血してもらっても鉄欠乏があるかどうか、分かりません。

貧血があればイコールヘモグロビン値が低ければ、2回目以降の採血でフェリチンを測ってくれるかもしれません。

 

よく医療機関を調べたり、選んだりして、受診してください

「フェリチンを測ってください」と言うだけで、「怒られた」という方も多数います。

人間ドックでのオプションで頼んでも断られた、という事例も多数あります。

 

よく医療機関を調べたり、選んだりして、受診してください。

 

以上、「特殊な貧血ではない」一般的な貧血の対策、でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。