動脈硬化・脂質異常

動脈硬化の原因

今回は、動脈硬化について。

動脈硬化、なりたくないですよね。

動脈硬化したくないなら、動脈硬化の原因となるものを避ければ良い、というのは誰にも分かる話。

 

 

コレステロールはコチラ。

先生!コレステロールが高っ!今回はコレステロールが高い、という場合について。 まさに「コレステロールあるある」ですね。 中性脂肪についてはコチラ...

 

中性脂肪についてはコチラ。

先生!中性脂肪が高いんです!今回は、超よくある質問の1つ、 「先生、中性脂肪が高いのですが、どうなんでしょうか?」 について。 コ...

 

動脈硬化対策の薬以外についてはコチラ。

動脈硬化「超まとめ」薬以外編今回は、動脈硬化「超まとめ」薬以外編です。 薬はコチラ。 https://mizunodoc.jp/archives...

 

動脈硬化対策の薬についてはコチラ。

動脈硬化「超まとめ」薬剤編今回は動脈硬化「超まとめ」薬剤編。 薬以外はコチラ。 https://mizunodoc.jp/archives/9...

 

検査についてはコチラ。

動脈硬化はしっかり検査を!今回は動脈硬化は検査をというお話。 動脈硬化の原因についてはコチラ。 https://mizunodoc.jp/ar...

 

 

 

動脈硬化の原因って?

 

では、動脈硬化の原因は何でしょうか?

動脈硬化の原因は大きく分けて3種類あります。
(もちろんその他の原因も細かく言うとあります)

それは「サビ」、「コゲ」、「インスリン」です。

「サビ」と「コゲは、もう少しきちんとした言い方だと、酸化と糖化と言います。

 

「錆びる(さびる)」=「酸化」

「焦げる(こげる)」=「糖化」

 

「インスリン」は血糖値を下げるホルモンのインスリンです。

 

では、それぞれについて、書いていきましょう。

 

 

酸化(サビ)について。

 

 

酸化する(サビる)とは、モノに酸素が結びついて、分子の構造を変えてしまう、という事です。

酸化を引き起こす最も有名なのは「タバコ」です。

そしてもう1つ、酸化させる事で有名なのが「トランス脂肪酸」です。

これは一般的になっている「加工された植物油」に含まれています。

つまり、サラダ油、キャノーラ油、グレープシードオイルなどです。
最近流行りの「こめ油」にも含まれています。

またトクホに指定されている「エコナ」「リセッタ」「サララ」などにも含まれています。

またマーガリンホイップクリームにも含まれています。

これらは全て、控えた方が良い油脂です。

外食やお惣菜などで使われている油脂はほぼ、こちらの「加工された植物油」ですので、トランス脂肪酸を摂取してしまっていることになります。

 

せめて家で料理する時は、トランス脂肪酸を含まない油脂を使いましょう。

 

 

 

トランス脂肪酸を含まない植物性油脂は?

 

植物性でトランス脂肪酸を含まないのは下記の5種類くらいです。
この油脂を摂ると良いでしょう。

 

熱にも強いのがこの2種類です。

オリーブオイル

ココナッツオイル

(ココナッツオイルから作られるMCTオイルは、熱に弱く、加熱すると煙が出ます)

 

 

一方、下記3種は熱に弱いので、加熱せずに摂りましょう(ドレッシングなどで)。

紫蘇油(シソ油)

荏胡麻油(エゴマ油)※これはゴマ油ではありません。

亜麻仁油(アマニ油)

 

 

注意が必要なのは「ごま油」です。

ごま油はトランス脂肪酸は少ないですが、リノール酸が多く含まれています。

リノール酸からはアラキドン酸が合成され、やはり動脈硬化の原因となります。

ごま油は摂り過ぎに注意しましょう。

現代の日本人はリノール酸を過剰に摂取する傾向があります。

 

ごま油は摂りすぎ注意

 

 

 

動物性油脂は?

 

注意が必要な植物性油脂と違って、動物性油脂の方が安心です。

 

動物性油脂はどれもトランス脂肪酸を含まず、安心。

 

バター、生クリーム、ラード、牛脂、魚油、鶏油、などです。

またラードは匂いが気になるイメージがありますが、チューブに入っているものは無味無臭です。

どのスーパーにも売っているので入手も簡単です。

また肌に塗っても良いなど、とても有用です。

雪印のラードが良く売っています。

created by Rinker
雪印
¥730
(2019/11/18 13:19:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

糖化(コゲ)について

 

糖の分子にはアルデヒド基という部分があります。

R-CHOという、炭素・水素・酸素の各1分子からできているシンプルな構造です。

しかし、このアルデヒド基が周りにあるものにやたらとくっついて、くっついた相手をボロボロにしてしまいます。

これが「糖化」です。

 

体外でもこの「糖化」は見ることができます。

皆さんもよく見かけるこんがり焼けたパン
これはまさに糖化の反応です。(メイラード(Maillard)反応といいます)

 

糖質を摂取すると、体内でこの糖化が起こります

 

糖質を摂ると、体内で「糖化」が起こります

 

 

そう、こんがり焼けコゲてしまいます。

血管の壁がこんがり焼けコゲたらどうなるでしょうか?

結果の壁が固くてもろくなってしまいます。

これがまさに動脈硬化です。

 

糖化は血糖値が上がる事で起こりやすくなります。

 

血糖値が上がる=血液中のブドウ糖が多い

ですから、糖化が進むのは当然ですね。

 

つまり、糖質を摂取することで起こります。

糖化を防ぐには糖化を摂取しないことが一番です。

 

糖化を防ぐには糖化を摂取しないことが一番

 

糖質を控えて、体の焦げ付きを防ぎましょう。

食べるべきは、タンパク質と脂質です。

 

日本人のほとんどが不足している「タンパク質」。
どのくらいの量を摂ったら良いのか?はプロテインスコアで計算してみてください。

プロテインスコア高タンパク、糖質オフ の食事が基本的には、健康に良い。 という事で、 その高タンパクって、どの位の量なの?...

 

食事の詳細は「蛋白脂質食の説明書」を御覧ください。

蛋白脂質食の説明書!蛋白脂質食(タンパク脂質食、PF食、PFD)というものがあります。 その説明書が今回の記事。 今回の改訂(2...

 

 

 

 

インスリンについて

 

「糖化」はブドウ糖が血管の中に流れており、それが細胞に届く事で起きます。

ですが「外からのダメージ」なので細胞の「膜」でダメージを防げます

 

一方で、インスリンはホルモンです。

ホルモンは細胞の膜にある「受容体」にくっつくと、そこから「インスリン来たよ」情報が細胞内に広がります

(インスリン自体は細胞の中には入ってきません)

この細胞の中に情報が広がりまくる時に「活性酸素」というものが発生しまくります。

また、普段は「活性酸素」を除去するシステムが細胞の中にありますが、「インスリンが来たよ」情報が細胞内に届いていると、ある種の「活性酸素」を除去するシステムが「スイッチ・オフ」状態で働かなくなっている事が分かっています。

つまり、「インスリンが来たよ」情報が広まっている、というのは

活性酸素は発生しまくる

活性酸素の除去システムはお休み

という状態です。

 

そう、細胞の中でダメージが広がりまくりです。

細胞内で起こる事なので、細胞膜では防げません

 

通常はそれほど長時間ではないので、ダメージも回復できます。

 

しかし、最近の「不自然なまでに過剰な糖質まみれ」な食事を毎日、毎日、1日3回、間食する人なんかは4回とか5回とか、摂っているとどうでしょうか?

治している時間もなく、次のインスリンが来てしまいます

 

そして、どんどんダメージが蓄積し、細胞は内側からボロボロになっていきます。

「糖化」よりももっと深刻な動脈硬化が、インスリンによって起きます

 

 

大量のインスリンによる動脈硬化ダメージが最もヤバい

 

 

これは講演会でも説明しています。

 

 

 

 

 

 

以上、酸化と糖化でした。

ABOUT ME
医師水野
医師水野
医師、アキバ水野クリニック院長。 2003年に医師免許取得(医籍登録)、2019年2月13日にアキバ水野クリニックを開設、院長となる。 両親とも糖尿病家系。2度肥満だった自らの体の劇的な変化をきっかけに、糖質制限を中心とした治療を開始。 97単位に及ぶインスリンの自己注射を不要とするなど、2型糖尿病患者の脱インスリン率100%という実績を打ち出す。 糖質制限やインスリンを使わない治療法などの情報をブログ、Facebook、Twitterや、講演会などで精力的に発信。 現在は、がんに対するビタミン・ケトン療法も実践中。 著書は「薬に頼らず血糖値を下げる方法」「みるみるやせる・血糖値が下がる 最強の糖質制限ガイドブック」など。